スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
大人の朗読会
2010-08-22 Sun 08:15

『フラメンコギター」と「語り」による夏の夜語り
~小泉八雲の怪談~』

藤本しの(語り部)
須田隆久(フラメンコ弾き語り
)

ろうそく  



料金:チャージ\2,500(1ドリンク付)他飲食別

魂のギタリスタ・フラメンコ歌い・須田隆久と、現代の語り部・藤本しののコラボレーション。
小泉八雲の怪談を、フラメンコギター&カンテと語りで綴ります。
儚げで 果てしなく空想力をかきたてられる、蝋燭の小さな灯…。そんな揺らめきの中で夜を紡いできた語り部が、聴く者を不思議な空間に誘(いざな)います。妖しげなもの達がうごめく真夏の夜の闇。その闇を縫うかのように カンテが響き、ギター弦が弾(はじ)かれます。

着物で弾き語ります!!

『ムジナ』
幕末までにはまだ少しある頃の赤坂・紀伊国坂で起こった本当の話?! 江戸の商人が見たものは?

『耳なし芳一の話』
源平物語を語らせたら鬼神も泣くほど上手いと評判の琵琶法師、寺に住む芳一は目が見えません。ある夏の夜、彼は貴人の邸宅に招待されます。それ以来毎晩そっと寺を抜け出す芳一を不信に思った住職が寺男にあとをつけさせてみると…!!

アイルランド人の父とギリシャ人の母を持つ小泉八雲が書いた、日本に伝わる怪談話を、フラメンコギターの調べに乗って語っていきます。この夏必見の〈恐 面白さ〉!!



9/3[金] 
OPEN19:00/START19:30

築地にあるMADEIRAにて朗読とフラメンコのコラボレーションを行います。
MADEIRAは、昼間はユニークな紙製品を扱うSHOP+オーガニックCAFE、夜は週1回ライブハウスになる空間。

madeira



10月29日にマデイラにて大人の朗読会、第二弾があります。こちらの御予約もどうぞお早めに!!

次回作は。。。

フランスの作家、メリメ
彼の
小説『カルメン』が後にオペラになった事はよく知られています。
その彼の作品から「マテオ・ファルコーネ」を選びました。
コルシカの独特な風土。
如何にフラメンコギターでその空気を表現するか。。
見所です。

MADEIRA
(ホームページ→http://www.shiozawa.co.jp/madeira/madeira.htm
/〒104-0043 東京都中央区湊3-4-11
TEL080-3583-0384


【交通】
東京メトロ有楽町線 新富町駅7番出口から徒歩2分
東京メトロ日比谷線 築地駅3番,4番出口から徒歩5分
東京メトロ日比谷線及びJR八丁堀駅から徒歩7分


■ご予約受付ております
TEL080-3583-0384 FAX03-3553-7197
info@shiozawa.co.jp
スポンサーサイト
別窓 | 朗読 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<アルハンブラで唄います。 弾き語りもあります。 | フラメンコギター弾き語り TAKA     | 8月8日のエルフラメンコでのリサイタル >>
着物で弾き語ります
着物で弾き語ります
今回は夏の最後の思い出に、着物で弾き語ります。
お客様の中にも、着物や浴衣でいらっしゃる方々が多いようです。
着物で生活している僕としては嬉しい限り。
是非、着物で遊びにく場所に困っている方!!
僕のライブに来て下さい。
いつか、ドレスコードは着物のライブなんて楽しいかも。
着物ライブで、一緒に着物ライフを楽しみましょう。
2010-08-22 Sun 16:40 | URL | 須田 隆久 #iqhSIKS2[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| フラメンコギター弾き語り TAKA     |

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。