スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
新感覚ボサノバフラメンコ
2010-11-18 Thu 12:24
~金魚鉢の中で揺らめくものは~

須田隆久(フラメンコ弾き語り)
藤本しの(語り部)

ゲスト:しんばしーず☆、yu-ko

チャージ\2,500(1ドリンク付)他飲食別




今回の聴きどころは新感覚ボサノバフラメンコ。

単にボサノバギターとフラメンコギターを一緒に弾くだけではない!!

如何にフラメンコな瞬間をボサノバの揺らめきに食い込ませるか!!


聴いた事の無い世界がそこにあります。

魂のギタリスト 須田隆久と、現代の語り部 藤本しのが、紅に染まる晩秋の陽射しの中で、時空を越えてお届けする ゆらめきの世界。フラメンコギター&カンテの調べに乗って、一緒に旅してみませんか?

幼い頃、グリム童話『赤ずきんちゃん』の絵本を見て、狼の口の大きさにびっくりしませんでしたか? 『赤い靴はいてた女の子』の歌を歌って、横浜の港がちょっと恐くなったりしませんでしたか? アンデルセン『赤い靴』のバレエ・バージョンを見て、靴がかってに踊り出したらどうしようと思ったりしませんでしたか? 小川未明の『赤い蝋燭と人魚』を読んで、美しい絵が描かれた蝋燭が欲しくなったりはしませんでしたか?

〈金魚鉢〉の中で揺らめくものは、幼き日の時間(とき)の歩みにも似て、とても穏やか。しばしの間、秋のたおやかな時の流れに心を委ねてみて下さい。
あれ?〈金魚鉢〉の中に見えるのは、ちょっとすました赤い金魚? それとも赤い…!?。 

      P9030026_convert_20101118122957.jpg

フラメンコ弾き語りと朗読によるマデイラ・ライブ第3弾は〈金魚鉢〉の中の秋色の揺らめき。

ゲストに、ボサノバデュオ・しんばしーず☆&yu-koをお迎えして、マデイラならではの〈金魚鉢〉体感をお楽しみ下さい。
子供時代に、どこかで触れた 懐かしい物語

『赤ずきん』 

『赤い靴』 

『赤い蝋燭と人魚』  が、オムニバス形式で綴られてゆきます。

■ご予約受付ております

築地ライブハウス”マデイラ”


TEL.080-3583-0384 FAX03-3553-7197
info@shiozawa.co.jp




前回のライブ終了後の記念撮影。

フラメンコの男性の踊り手が混じってますよ。


前回の感想も載せますね。

PA290681_convert_20101118123137.jpg    PA290682_convert_20101118123106.jpg    PA290684_convert_20101110120343.jpg     PA290685_convert_20101110120436.jpg
スポンサーサイト
別窓 | 朗読 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<11/25のツイートまとめ | フラメンコギター弾き語り TAKA     | 隠れ家的エステサロンのご紹介です!!>>
ども、連日おつかれさまでした
落語などもそうですが、演じる方の表現によって、普段考えないことが想起されるのを楽しみに観ています。
なので、予備知識なしで会に出向くわけですが、いつも演目の後でお話してくださるので、自分とは違う解釈も知ることができ、二度おいしいって感じです。
またお誘い下さい。

2010-11-18 Thu 13:40 | URL | #-[ 内容変更] | top↑
おもえば、映画や演劇などよりも、受け手は、より想像をひろげて、限られたなかでの調和を楽しむことができるのかもしれません。




2010-11-18 Thu 13:41 | URL | #-[ 内容変更] | top↑
怪談フラメンコ
先日はお誘いいただいて有難う。面白い企画ライブでしたね。
ミステリー、怪談物には、ブレリア、シギリージャの展開が良く会いますね。楽しめました!
パスタ文化が根付いて、気が付けば当たり前のように和風パスタを食しています。
同様にフラメンコも日本の伝統芸能とクロスオーバーしつつありますね。
今さらかもしれませんが、フラメンコは流行り廃れの世界でもアンダルシア地方だけの民族音楽でもありません。
もっと普遍的なフォークソングとして捉えればジャンルを問わず果てしなく可能性が広がります。

2010-11-18 Thu 13:45 | URL | #SPrugois[ 内容変更] | top↑
先日のマデイラライブ、お疲れ様でした。
しのさんとのジョイントも、回を重ねる毎に物語のストーリーに馴染んでいっているように思います。
個人的には、カルセレーロー、カルセレーローが印象的でした。
ポベダが歌ってたのを思いだしました。
カフェオリンピコさん、クラシックから民族音楽まで幅広く取り上げていて、面白そうですね。またお声かけくださいまし。。
では、また。
2010-11-18 Thu 13:47 | URL | #SPrugois[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| フラメンコギター弾き語り TAKA     |

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。