スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
パルマクラス、引き続いてフラメンコアラベクラス
2011-06-05 Sun 12:29
  DSC05200.jpg 

昨日のマデイラでのパルマ教室の様子です。
座学も交え、少し理論的に始めました。
受講者がフラメンコ経験はないものの、他の分野の音楽家の方々が参加しました。
パルマ(手拍子)とハレオ(かけ声)だけでもフラメンコな瞬間はできますね。
「踊れなくても、歌えなくても、弾けなくても良い!!
手拍子を叩いて、声を出して掛け声をかけて!!」
楽しく激しくフラメンコなグルーブを作り出したい!! 


DSC05204.jpg 

実践編です。

足を踏むのが意外と難しいかも。。。

手足がばらばらになる方々も。。

DSC05206.jpg 

DSC05214.jpg 






続いて、フラメンコアラベクラス。

初参加の彼女!!
ファルダ(スカート)さばきがとても美しかった!!

見たままを模写する事って意外と難しいですね。


でも、彼女は素直にそのまま踊っていました。



DSC05227.jpg       DSC05228.jpg

タールとリクを叩きました。
タールの深い響き。
倍音を伴う長いサスティン。
リク(アラブのタンバリン)のフレームぎりぎりを叩くときに出るカン高い音。
そしてジングル(小さなシンバル)のシャンシャンした音色。

叩いている本人がとても幸せな気分になります。
楽器の持つ独特の強烈な個性の音。

勿論、太陽の側にて。


DSC05216.jpg 



フラメンコでは、低音を嫌い音の伸び(サスティン)もあまり好まれません。。
最近のスペインでは大きな劇場のフラメンコのバックにたびたび登場してきます。



お稽古伴奏から生の打楽器の入るフラメンコアラベ。
是非、お勧めです。

フラメンコアラベの特徴は、「生伴奏」!!
踊りがバックの演奏者に合図をだし、音楽の展開が変わっていく。
踊り手の赴くままに!!
音楽の指揮者になる。

もっと言うと、演奏者の合図も聞き逃してはならない。

踊りと音楽は双方向に合図を出し合って即興を楽しみます。










スポンサーサイト
別窓 | フラメンコアラベ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<私の隠れ家 | フラメンコギター弾き語り TAKA     | 平家物語の夕べ>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| フラメンコギター弾き語り TAKA     |

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。