怪談フラメンンコ
2011-07-07 Thu 21:49
怪談フラメンンコ!
以前ご一緒した、江戸売り声漫談の宮田師匠に快諾して頂きました。
師匠のいぶし銀の声。
フラメンンコギターに合います。
ネタも講談師の、お仲間から頂いたような!来週からお稽古入ります。
八月中旬頃に!怪談フラメンンコ!
怪談とフラメンンコの弾き語りとのコラボレーション!

ドレスコードは浴衣!

浴衣パーティーです。

踊れる方は、浴衣deセビジャーナス!なんて事も!


フラメンンコで遊ぶ!
楽しむ!

お時間あれば是非\(^o^)/。
スポンサーサイト
別窓 | 朗読 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
着物でフラメンコ弾き語り
2011-05-04 Wed 10:01
朗読フラメンコ。
「むじな」や「耳なしほう一」の朗読にフラメンコの歌とギターをつけました!!
これが第一弾だった。
其の様子をFACEBOOKにアップしました。
誰でも見れますよ。

http://www.facebook.com/media/set/fbx/?set=a.112738925477007.26324.100002227017022&l=92c3bb184e
別窓 | 朗読 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
平家物語朗読。
2011-04-21 Thu 00:12
平家物語、市川亀次郎さんの朗読。最高に面白かった。
現代劇風にしておきながら、セリフは原文。古語。
こういった交錯した感じが大好きです。
二胡の演奏がBGM.
何やら僕の十八番の朗読フラメンコと似ている。。
このスタイルは大好きなんだな。。
古文にも興味ををそそられる。
別窓 | 朗読 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
新感覚ボサノバフラメンコ
2010-11-18 Thu 12:24
~金魚鉢の中で揺らめくものは~

須田隆久(フラメンコ弾き語り)
藤本しの(語り部)

ゲスト:しんばしーず☆、yu-ko

チャージ\2,500(1ドリンク付)他飲食別




今回の聴きどころは新感覚ボサノバフラメンコ。

単にボサノバギターとフラメンコギターを一緒に弾くだけではない!!

如何にフラメンコな瞬間をボサノバの揺らめきに食い込ませるか!!


聴いた事の無い世界がそこにあります。

魂のギタリスト 須田隆久と、現代の語り部 藤本しのが、紅に染まる晩秋の陽射しの中で、時空を越えてお届けする ゆらめきの世界。フラメンコギター&カンテの調べに乗って、一緒に旅してみませんか?

幼い頃、グリム童話『赤ずきんちゃん』の絵本を見て、狼の口の大きさにびっくりしませんでしたか? 『赤い靴はいてた女の子』の歌を歌って、横浜の港がちょっと恐くなったりしませんでしたか? アンデルセン『赤い靴』のバレエ・バージョンを見て、靴がかってに踊り出したらどうしようと思ったりしませんでしたか? 小川未明の『赤い蝋燭と人魚』を読んで、美しい絵が描かれた蝋燭が欲しくなったりはしませんでしたか?

〈金魚鉢〉の中で揺らめくものは、幼き日の時間(とき)の歩みにも似て、とても穏やか。しばしの間、秋のたおやかな時の流れに心を委ねてみて下さい。
あれ?〈金魚鉢〉の中に見えるのは、ちょっとすました赤い金魚? それとも赤い…!?。 

      P9030026_convert_20101118122957.jpg

フラメンコ弾き語りと朗読によるマデイラ・ライブ第3弾は〈金魚鉢〉の中の秋色の揺らめき。

ゲストに、ボサノバデュオ・しんばしーず☆&yu-koをお迎えして、マデイラならではの〈金魚鉢〉体感をお楽しみ下さい。
子供時代に、どこかで触れた 懐かしい物語

『赤ずきん』 

『赤い靴』 

『赤い蝋燭と人魚』  が、オムニバス形式で綴られてゆきます。

■ご予約受付ております

築地ライブハウス”マデイラ”


TEL.080-3583-0384 FAX03-3553-7197
info@shiozawa.co.jp




前回のライブ終了後の記念撮影。

フラメンコの男性の踊り手が混じってますよ。


前回の感想も載せますね。

PA290681_convert_20101118123137.jpg    PA290682_convert_20101118123106.jpg    PA290684_convert_20101110120343.jpg     PA290685_convert_20101110120436.jpg
別窓 | 朗読 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
朗読フラメンコ追加公演決定!!
2010-10-04 Mon 21:04
朗読とフラメンコのコラボ、第二弾です。
お陰さまで好評につき金曜、土曜両日、計三回公演になりました!!!!

10/29[金]の昼夜二回、10/30[土]の昼間一回、計三回の公演です。。
お誘い合わせの上是非お越しください!!
フラメンコギター&カンテと「語り」による
秋の夜長の物語~メリメ作「マテオ・ファルコーネ」~』
藤本しの(語り部)
須田隆久(フラメンコ弾き語り)

P9030023_convert_20100906132421.jpg

魂のギタリスト・須田隆久と、現代の語り部・藤本しの が、秋の夜長にお贈りする珠玉の名作を是非 お聴き逃しなく!! フラメンコギター&カンテが奏でるコルシカの調べが、どこまでも深く心に染みわたります。


『びっくり!!大江戸物語』
人口が100万を越え、当時としては 世界一の大都市、江戸の街。識字率が高く、世界から絶賛された街の清潔さ。徹底したリサイクルが行われ、街には「損料屋」と呼ばれるレンタル業者がいて、江戸時代は 今よりもっと進んだレンタル社会でした。しかも、基本的には無税だったと言うから、もうび~っくり!! 注目度200%、面白い発見に目が離せなくなる 江戸の街を、一緒に ちょっと覗いてみませんか?


『マテオ・ファルコーネ』
(ストーリー)19世紀始めのコルシカ島。ある村に、警察に追われたお尋ね者が逃げ込んできた。マテオ・ファルコーネが留守の間に、彼の10歳の息子は、5フラン銀貨と引き換えに、そのお尋ね者をかくまってやる。少しすると、警察がやって来て、その子に「お尋ね者を知らないか」とたずねた。息子は最初、知らないと答えていたが、褒美に銀時計をやると言われ、気持が揺らいでしまう。そこへ、マテオ・ファルコーネが戻って来た。そして、衝撃の結末が…!!
ビゼーのオペラ「カルメン」の原作者プロスペール・メリメの代表作『マテオ・ファルコーネ』。  子供が健やかに育つ為に必要と言われる父性と母性。両方のバランスが大切で、そして、男だから、父親だから、父性が自然に備わっているわけでもないらしい。美し過ぎる程の紺碧の海に囲まれた、コルシカ島の村で、父と息子に何が起こったのか。父性について考えさせてくれる傑作である。



10/29[金]

昼の部 OPEN14:30/START15:00

夜の部 OPEN19:00/START19:30


築地マデイラ

shiozawa.co.jp/madeira/madeira.htm

P9030019_convert_20100906131801.jpg

料金:チャージ\2,500(1ドリンク付)他飲食別

ご予約受付ております
TEL080-3583-0384
FAX03-3553-7197

【会場】
〒104-0043
東京都中央区湊3-4-11  4030ビル
TEL.03-3553-7081
FAX.03-3553-7197
【交通】
東京メトロ有楽町線 新富町駅7番出口から徒歩2分
東京メトロ日比谷線 築地駅3番,4番出口から徒歩5分
東京メトロ日比谷線及びJR八丁堀駅から徒歩6分
【目 印】
「佃大橋の入船側の上り口の交差点に建つ、オレンジ色の窓枠のビル、1Fがショールーム」
81-3.gif
info@shiozawa.co.jp


10/30[土]

昼の部 OPEN13:30/START14:00

cafe olimpico(カフェ・オリンピコ)
http://www.olimpico.jp/

カフェオリンピコ
料金:チャージ\2,500(1ドリンク付)他飲食別

【会場】
港区元麻布2-11-6
03-6427-1490
【交通】
東京メトロ南北線、麻布十番駅4番出口より徒歩7分。
大江戸線麻布十番駅より徒歩5分
カフェオリンピコ地図縮小
別窓 | 朗読 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| フラメンコギター弾き語り TAKA     | NEXT

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR